MC FAN(血液流動検査)

血液サラサラ検査を実施したいがどこに問合せをしたらいいの?

血液サラサラ検査を実施したいがどこに問合せをしたらいいの?

企業の健康診断をサポートしてもらいたい!

健康・保険事業に関するイベントを開催したい!

当社では、そういった悩みをもたれた医院様、健保事業団体の皆様方を全面的にサポートいたします。

是非一度、お問合せ下さい!

MCFAN HR300 中古販売・レンタルのご案内

MCFAN HR300

医療機関様、健保事業団体の皆様
KOKUAPLANでは、血液サラサラ検査を実施するMCFAN HR300(中古)を販売しております。
もちろんレンタルもございます。
テレビやイベントで大人気の血液サラサラ検査
ぜひお問い合わせください!
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

血液サラサラ検査とは?

あなたの血液は、サラサラ?ドロドロ?
血液の流れであなたの健康状態が分かります!
血液流動性検査は、迅速かつ簡単に血液の流動性を受診者がその場で確認できるため、自身の健康管理を自覚し、継続的な健康管理を見込めます。
毛細血管を模した血流測定装置・MC FAN(血液流動性測定装置)に血液を流し、自分の血液の状態をテレビモニターでリアルタイムに見ることができます。

ドロドロ血液が生活習慣病を引き起こします!
サラサラ状態

 サラサラ状態 

ドロドロ状態①

 ドロドロ状態① 

ドロドロ状態②

 ドロドロ状態② 

MCFAN HR300

より迅速に、より正確に、
しかも簡単に血液の流動性が観察できます。

毛細血管を模擬したシリコンチップに血液を一定圧力で流し、その通過時間と血液が流れる様子を顕微鏡で拡大し、CCDカメラを通してモニターに映します。

≫ 血液サラサラ検査とは?
MC-FAN(血液流動生測定装置、Micro-channel-array-Flow-Analyzer)はシリコンでつくった人間の毛細血管とほぼ同じ直径7ミクロン(※毛髪の約20分の1に相当)の溝に採取した血液を流し、顕微鏡で2000倍に拡大してモニターで見るものです。白血球、赤血球、血小板のどれが機能不全でドロドロになっているかをみることができ、今後の生活習慣改善の目安もわかります。また血液が溝を流れる時間を計測し、その模様をビデオ録画することができます。

1. 血液サラサラ検査について

初期化ボタンを押すだけで、測定準備が完了します。
検体の前処理は不要です。

2. 簡単操作、スピーディな処理

ディスポーザブルチップ(MCU)、ピペットチップの導入により、操作がより簡便になり、従来機種により時間あたりの多検体処理が可能となりました。

3. データファイリング(オプション)

付属の専用ソフトを使用することにより、観察・測定結果はリアルタイムでモニターできます。
さらに被験者への報告書がその場で出力できますのでとても便利です。
また観察・測定データのファイリングが行えます。

 →  血液サラサラ、ドロドロについて
私たちのからだには、血液が流れています。
血液は一番細い血管である、毛細血管を通じて全身に酸素や栄養素を運び、同時に体内で不要になった老廃物や二酸化炭素を回収しています。
血液の流れが滞ると、酸素や栄養素の供給、老廃物や二酸化炭素の回収が滞り、細胞の働きが鈍ります。
この状態が続くと、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすおそれがあります。
 血液サラサラ検査とは?

これまで血液の流れをみる検査は技術的に難しく、残念ながら一般診療の場にはありませんでした。
しかし最近、MC-FANという機器の開発でようやく血液の流れが観察できるようになりました。
皆さんはこの機器の映像をテレビなどで目にしているのではないでしょうか。
今までの血圧、血糖、脂質(コレステロールなど)に加え、血液サラサラ度も測定することで、健康状態をより詳しく把握できるようになったということです。

おさかなすきやね

おさかなすきやね

毎日の食事の基本は"おさかなすきやね"


毎日の食事に取り入れたいのは、以下に挙げる8品目。
毎食これらをとるのが難しいようでしたら1日のトータルで、それができなかったら3日単位で考えましょう。
大切なのは続けることなのです。


★野菜・キノコのことなら JA全農長野へ!

お茶

お茶

お茶は活性酸素の生成をおさえ、白血球の流れを良くしてくれます。
おすすめは緑茶。

魚

背の青い魚には血液の循環をよくして、コレステロールや中性脂肪を下げる作用があります。

海藻

海藻

昆布やワカメは血糖値の急な上昇を防いだりコレステロール値を下げる作用があります。

納豆

納豆

納豆には血管のなかにできる血のかたまり”血柱”を溶かす作用があります。

酢

クエン酸が豊富に含まれる黒酢に、サラサラ効果が高く認められています。

きのこ

きのこ

シイタケに含まれるエリタデニンは過剰になった血中コレステロールを体外に排出する作用があります。

野菜

野菜

各種ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取するために、いろいろな種類の野菜をとりましょう。

ネギ

ネギ

ツンとする刺激臭のもと、”アリシン”には、血小板の凝集をおさえて血柱を予防する働きがあります。

内側からきれいに~血液サラサラ健康食~

内側からきれいに~血液サラサラ健康食~

血管をきれいに 血液をサラサラに 若々しさは内側から


血液中に老廃物やコレステロールが増えすぎると血管壁にアテロームというコブ状の塊が出来てしまいます。これが動脈硬化の原因で血液がドロドロの状態です。
動脈硬化によって血管の壁が分厚くなり、内側は狭くなって、血管の壁は傷つきやすくなります。
これを「血管の老化」と言います。生活習慣病や喫煙、過剰な塩分摂取などにより血管の老化は進行します。
血管の老化が進むと、脳卒中や心筋梗塞などの恐ろしい病気を発症しやすくなります。
生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状なく密かに進行します。



一度老化した血管でも若返らせることは可能です

血管の老化は加齢とともに誰にでも起こることです。
しかし、生活習慣を見直すことで 老化した血管を若返らせることができます。

ストレス

ストレス

ストレスにより血圧が上がり血管への負担が大きくなります。
ストレスを多く受けることで体内に大量の活性酸素が発生します。
活性酸素は老化を促進します。

タバコ

タバコ

タバコに含まれるニコチンには、末梢血管を収縮させ血圧上昇を招く作用があります。

暴飲暴食はやめる

暴飲暴食はやめる

食べ過ぎは禁物です。いつも腹八分目を心懸けましょう。メタボリックシンドロームの要因の一つで、血管内にコブ(コレステロールの塊)が作られやすくなります。

塩分

塩分

塩分は控える。過剰なナトリウム(塩分)摂取はナトリウムを薄めようと水分が増え血管に圧が加わり高血圧状態になります。心臓にも血管にも負担がかかり、血管を傷つけます。

オリーブ油、魚を食べる

オリーブ油、魚を食べる

オリーブ油は中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きが。特に青魚の脂にはEPA、DHAが多く含まれ中性脂肪を減らし動脈硬化を予防する効果があります。

野菜をたっぷり食べる

野菜はナトリウム(塩分)を体外に排出するカリウムを多く含みます。抗酸化作用により活性酸素の害から体を守る働きがあります。

※参考書籍: からだにいい食べ方 2013年7月号増刊

株式会社ライクイット
MCヘルスケア
インボディ・ジャパン
日本メディカルファンド
リタ・コーポレーション
JA全農長野
有限会社九合電気